PROFILE

CAE技術部 CAE解析技術者

伊谷 将明

2018年 新卒入社

理学研究科卒

SCROLL

畑違いの分野への挑戦。
充実の研修が背中を押してくれました。

大学では気象学を学んでいたので自動車分野はまったくの畑違い。でも就職するにあたって「やっぱりものづくりに携わりたい!」と思ったんです。でも当然、自分には自動車の知識が伴っていないので不安を抱えていました。そんなときに出逢ったのがエイム。聞けば、入社後に3か月間も研修があって、図面の読み方や自動車の基礎から学べるとのこと。それだけではありません。研修後、それぞれの部署に配属されたあとも、自分が必要だと思ったセミナーなど勉強の機会があればどんどん参加させてもらえると知り、「ここしかない」と思いました。研修での姿勢や成績を評価していただけたのか、CAE技術部の立ち上げメンバーのひとりに選んでいただけました。現在は取引先にて発生している設計・性能面での課題についてシミュレーションを行い、解決策をご提案するという仕事を担当しています。

解析・提案の精度やスピードを高め
より効率的な設計・開発に貢献したいです。

この仕事をしていてやりがいを感じるのは、時間をかけて準備をしたシミュレーションの結果が導き出されたとき。さらに、その結果が設計や性能における課題の解決の糸口になり、お客様に喜んでいただけるのが一番嬉しいですね。しかし、まだ私自身の経験が浅く、いくら考えても答えが出なかったり、シミュレーションの方法に確信が持てなかったりということがあり、まだまだ上司に相談しながら進めているところです。この道30年という頼れる上司がいる環境は本当にありがたい。でもこの状況に甘んじることなく、自分自身の解析や提案の精度、スピードを高め、お客様のより効率的な設計・開発に貢献していきたいと考えています。直近の目標としては、解析計算ソフトの自動化を進め、お客様への提案に多くの時間を割くこと。そして将来的には大学院へ通い、より広い視野の持てる技術者を目指したいです。

CARRIER STEP

入社1年目~現在
CAE解析技術者として
製品の設計・性能面をコンサルティング
取引先で発生している製品の設計・性能面での問題点や課題を、コンピュータによる解析計算をつかってシミュレーションし解決する。
将来的には…
大学院博士課程に通い、より広い視野で研究
上司のように働きながら大学院の博士課程へ通い、より広い視野を持って研究のできる技術者になりたい。
  • 私の休日

私の休日私の休日

私はモノ作りが好きで、休日には自作プラネタリウムを制作しています。始まりは学生時代の同好会活動の一環としてでしたが、今では趣味となり、当時の友人と共同で制作を進めています。
写真で手に持っているのはプラネタリウム投影機の一部で、ファイバー式という新しい方式のプラネタリウムにチャレンジしています。