PROFILE

エンジニアリング事業部

井上 愛菜

2017年 新卒入社

経済学部卒

SCROLL

ただの車好きだった私が
エンジニアになれた理由

プロフィールだけ見ると理系出身だと思われるかもしれませんね。でも、入社当時の私はただ車が好きだっただけ。だから、趣味程度の知識しかありませんでした。専門知識がなくても採用してもらえる可能性がある、というのがエイムに応募した一番の理由です。そんな私が今エンジニアとして働けているのは、入社後に受けた3か月の沖縄研修のおかげ。新入社員80名が1クラス20名の教室で朝から夕方まで、専門用語や設計ソフトの使い方を教わりながら、個人ワークをして学ぶというものです。講師はエイムの社員ですし、隣には同期がいる。エンジニアとしての基礎はもちろんですが、「わからないことがあれば抱え込まずに質問する」という姿勢が身についたことも、今思えば大きな収穫でした。

自動車業界に欠かせない
「モデルベース開発」を担当

大幅に工数を削減できるとして、いまや業界の常識となりつつある開発手法があります。それが、私がいま携わっている「モデルベース開発」です。従来は実車や実機が完成しなければ検証できなかったことを、仮想環境で前もって検証できるようになるため、コスト削減、時間短縮につながるというものです。例えば、CMなどで見かける衝突実験もバーチャルでできるようになるため、実車を衝突させなくて済むというわけです。私が今担当しているのは、シミュレーション解析を行うための手順書の作成やツールの起動確認。今後はスキルアップして自分自身がスペシャリストになるのはもちろんですが、メンバーのマネジメントもできる存在に、そして夢は大きく、将来は女性初の役員になりたいと思っています。

CARRIER STEP

入社1年目~現在
モデルベース開発における
シミュレーション解析の事前準備
10~20車種前後のハンドルの3Dデータ作成を担当しました。
将来的には…
スペシャリストからマネージャー、そして役員へ
少しずつ大きなプロジェクトに携わりながら責任あるポジションへ。将来は女性初の役員に!
  • 私の休日

私の休日私の休日

もともと車が好きで始めた仕事ですので、休みの日は愛車であるクラウンのロイヤルサルーンでドライブ。
自動車の見た目も好きなんですが、運転していて加速の瞬間に体にGがかかるのがいいんですよね。