ORIGINAL BRAND オリジナルブランド

F1エンジン並のものを作りたかった!
APM120の誕生。

APM120

APM120は、重さ12kgで常用出力100馬力(75kW)を発生する、
エネルギー密度が極めて高いモーターです。

実現できた理由は二つの新技術。ひとつは、放射状に高密度に配置されたローターとステイターの構造設計にユニークなアイデア。もうひとつは、ローターの空気冷却とステイターの液体冷却の複合方式に新しいアイデアが盛り込まれています。また、最高回転数12000rpmからのリダクションギアボックスをモーターと一体構造化。モーターをコントロールするインバーターも小型化し、本体に取付け可能な設計にするなど、全体の軽量化・コンパクト化も図り、システムトータル重量20kgを実現しました。

APM120 諸元表

項目 モーター モーター&ギアボックス モーター&
ギアボックス&インバーター
質量 12kg 15.8kg 20kg
最大出力 120kW(160PS) 120kW 120kW
最大トルク 150Nm 900Nm 900Nm
常用出力 75kW(100PS) 75kW 75kW
最高効率 96% 95% 90%
最高回転数 12,000rpm 2,000rpm 2,000rpm
直径 170mm 170mm 170+75mm
長さ 145mm 195mm 195mm
APM120 効率グラフ
(モーター単体)
APM120 効率グラフ(モーター単体)
APM120 効率グラフ
(モーター&ギアボックス&インバーター)
APM120 効率グラフ(モーター&ギアボックス&インバーター)

Appeal point

エネルギー革命時代のコア技術に。

APM120の活躍の場は、高性能ハイブリットカーによるルマン・レースや、初のEV世界戦フォーミュラE、またハイスピード・ヒルクライムやマン島レースなどに拡がっていくことでしょう。さらにレース分野ばかリでなく、量産可能な設計構造のAPM120は、近未来のハイブリットスポーツカーやEVスポーツカー、また高性能電動二輪車やプレジャーボートなど、市販車の分野での使用も可能です。 そしてエイムは、APM120の開発を通して培ってきた、日本と英国の開発体制やノウハウなどを生かし、モーターのみならずバッテリーやコントロールシステムを含めたEVトータルシステム開発のご提供も可能です。

  • APM120
  • APM120
  • APM120

製品の購入や開発につきましては
下記よりお問い合わせください